ブルーライトとは、その名の通り青色に光る光のことで、波長が380~500ナノメートルの光です。

人間が見ることのできる光(可視光線)の中で最も波長が長くて、強いエネルギーを持つといわれています。
現代は、省エネ化でLEDが普及したことによりブルーライトの暴露量が増えています。

ブルーライトの放出量が特に多いのは、現代人の生活に欠かせない「スマートフォン」です。
他には「パソコン」「テレビ」「照明」などの必需品にも多く含まれます。

ブルーライトにはどのような影響があるのでしょうか?

目への影響

ブルーライトは紫外線の次にエネルギーが強く、目の水晶体や角膜で吸収されることは少なく網膜にまで直接届いてしまいます(>_<)
目の働きの中で網膜の果たす役割は、カメラで例えると“フィルム”のようなもので、ブルーライトを長時間見続けると、網膜の中心にある黄斑が傷ついてしまいます。
黄斑の傷つきが進行すると、目の様々な病気を引き起こしてしまう恐れが高まるといわれています。
スマートフォンを長時間見たり、デスクワークで一日中パソコンを眺める人は、知らず知らずのうちに目に悪影響を与えているのです。
もちろん、視力も低下します。

肩凝りへの影響

ブルーライトはとても刺激の強い光なので、ずっと見ているとチラつきや眩しさを覚えることが多くなります。
そうすると、目は瞳孔を縮めようとして目の筋肉を駆使します。
目の筋肉を酷使することで眼精疲労や目の痛みを引き起こしますが、それだけではなく肩凝りや首の凝りなどを引き起こす原因にも繋がります。

肌への影響

これまで、メラニンの生成促進などの肌の色素沈着を招く光線は紫外線だけが原因とされてきましたが、ブルーライトもメラニンの生成促進に大きな影響を及ぼすことが明らかになっています。
ブルーライトにより、たった1時間で肌細胞が変色して色素沈着を引き起こし、さらにその色素沈着は頑固に残るそうです。
また、ブルーライトによって目を酷使することで脳がストレスを感じ、「副腎皮質刺激ホルモン」というものを生成し、肌のくすみの原因となります。
他にも、ブルーライトの波長特性から肌の深い所に皮下組織の下の血液まで浸透すると言われており、これは肌の老化の原因となります。

睡眠への影響

長時間ブルーライトを浴び続けていると、人の体は「朝の太陽の光だ」と勘違いすることがあり、メラトニンという眠気を誘うホルモンが分泌されにくくなります。
その結果、人間が体内に持っているといわれる“体内時計”に狂いが生じて、自律神経の乱れなど、身体に様々な不調をきたします。
自律神経が乱れた結果、眠りが浅くなったり、寝つきが悪くなったりします。

病気発症への影響

体内時計が乱れると、睡眠障害だけではなくガンや糖尿病をはじめとする様々な病気を引き起こす可能性があることも分かってきています。
体内時計の乱れにより、血糖値を下げるホルモンであるインスリンの働きが低下し、糖尿病のリスクを高めることはよく知られています。
また、朝に太陽の光を浴びて副交感神経が高まると血圧が上昇し、夜になると血圧が低下するといった、血圧のリズムにも乱れが生じます。

肥満への影響

ブルーライトによる体内時計の乱れは、体温や心拍、血圧、血糖値、ホルモンなどといった生理機能の変動リズムに影響し、糖尿病や高血圧、心筋梗塞といったメタボリックシンドロームのリスクを高めます。。

精神への影響

ブルーライトはとても明るく強い光なので、目の網膜から脳へと直接ダイレクトに伝わります。
この伝わり方が強すぎるため、アドレナリンやコルチゾール、セトロニンなどのホルモンを刺激してしまいます。
これらのホルモンが刺激され分泌されると、心の状態や精神状態に悪い影響を及ぼしてしまうことがあります。


出来る限り対策しましょう!!

1.ディスプレイ画面の明るさを下げる

2.ブルーライトカットめがねを使う

4.ブルーライトカット化粧品を使う

5.長時間の使用を避ける

6.寝る前のパソコンやスマホの利用を控える

7.日中にしっかりと太陽光を浴びる

ぜひ休みの日はなるべくブルーライトが出る環境から抜け出して太陽光を浴びましょう!

セルフエステのフェイシャルにも、老化予防やリフレッシュのために来てくださいね★


名古屋セルフエステサロン 自分探しの森

セルフでフェイシャルができます!
ラジオ波、EMS、エクレトロポレーションで美肌、美白へ

リフトアップ、ニキビ跡改善、シミ、シワ、たるみに効果的です♥

痩身・フェイシャル・ホワイトニングのプランもございます

自分探しの森 プラン