梅雨も明けて夏本番!!毎日暑いですよね・・・。
夏は暑くてたくさん汗をかくから痩せそう!って思いますよね!
でもその逆で、4人に1人は夏に太ってしまっているそうです。

 

夏に太る理由

  • 汗をかく量が増える
  • 食べる量が減る
  • 基礎代謝量が減る

 

 

運動を伴わない汗はかけばかくほど太る原因に!

汗をかくとカロリーを消費していると思いがちですが、暑さで出る汗は体温調節のために水分を毛穴から出し、身体の表面を外気で冷やそうとしているだけなので実はカロリーを消費していません。
汗と引き替えに脂肪の代謝を促すのに必要なビタミンB1B2B6とミネラルが失われてしまいます。ビタミンB群は水に溶けやすく簡単に汗や尿で流れてしまいます。従って、運動の伴わない汗をやみくもにかくほど、糖質・脂質・タンパク質といった栄養素を、ただの脂肪として溜め込んでしまう体質になってしまいます。

 

食べる量が減る・・・絶食はむしろ逆効果!

カロリーさえ摂らなければ、確かにその間は多少体重は減ります。問題は断食明けです。人間の身体は飢餓状態に置かれることでエネルギー吸収率を最大化するようになり、ほんの少量の食事を摂取しただけで普段の摂取エネルギー量を軽くオーバーしてしまいます。つまり、食べる量に関わらず太りやすい体質になってしまいます。

 

基礎代謝の低下

夏は暑くて運動量の減少や、発汗によるビタミンBの不足、睡眠不足やエアコンによる自律神経の乱れから、脂肪を燃焼する基礎代謝がぐんと落ちてしまいます。「そんなに食べていないのに太った」と言うのは、基礎代謝の低下とともに、冷たい麺類ばかりなど栄養の偏りが重なり身体の代謝が追い付かなくなってしまうからです。

 

解決策は、「夏だから・・・」をやめること

  • 夏だからと冷たいものばかり食べないようにする
  • 夏だから栄養を摂らなければ、と高カロリーなものは食べないようにする
  • 夏でも湯船に浸かるようにする
太らないための食事

冷たいものや、のどごしのいいものばかりにならないようにしたり、バテないようにと高カロリーなものばかりを食べないようにして、バランスの取れた食事を心がけましょう!
豚肉やレバー、マグロなどビタミンBの多く含まれる食品を食べるようにしたり、納豆はビタミンB2とむくみを防止するカリウムも含まれているのでオススメです!

太らないための入浴

暑いからとシャワーだけで済ませてしまわず、半身浴でもいいので湯船に浸かりましょう!お湯の温度は39度程度にし、冷水で首と手首を冷やしながら入るとのぼせにくいです。

太らないための運動

日中の暑い時間を避け、明け方や夜の涼しい時間に行うのがオススメです!運動後のドリンクも清涼飲料水は避け、お茶や白湯にして内臓を冷やさないようにしましょう!

夏だからとガラッと今までの生活と違うことをするのをやめて、他の季節と同じように過ごすことです!
太らないために、バランスの良い食事を心がけ、規則正しい生活を心がけましょう!


名古屋セルフエステサロン 自分探しの森
イオンモール名古屋茶屋レストランガーデン1階

名古屋市港区、中川区、中村区、弥富市、津島市、あま市から多くご来店いただいております★

WEB入会していただくと、店頭でのお手続きがスムーズになります!

Web入会はこちら

店頭にて、登録いただくことも可能です!